アクセスランキング

【怖い話】無かった

   

大学のときの話。

俺は大学入って、とあるアパートで一人暮らしをしていた。

ある日、大学から帰ってきて疲れてたんで、すぐに床に着いた。

すると、午前2時くらい…

窓がガタガタとなり響いた。

風が強いのかと思い、うるさいから布団の中にもぐった。

それから、10分くらいたって急に

ガラガラ!

って窓が開いた。

えっ?なんだ?

と思って恐る恐る確認しにいったけど、外には何も無かった。

暫く、変だな…と布団で考えてたら

声が聞こえてきた。




玄関の方からだ…

「…すひろ。やすひろ…」

って

やすひろって誰だよと思いつつ、俺は段々怖くなった。

声はつづく…

今度はドアノブをカチャカチャし始めた。

さらに声はどんどんでかくなり、

「やすひろ…やすひろ…ヤスヒロ!」

人間とは思えないような声に変化していった。

ドアノブもガチャガチャ激しく音を立てる。

…気づくと朝になっていた。

夜中の出来事は夢だったのか…そう思った。

俺は大学へ行くために身支度して玄関を出た。

そして、鍵をしめようとしたとき俺は血の気が引いた。

ドアノブが無かったのだ





 

 - 猟奇的な話 , ,