アクセスランキング

【怖い話】消えた手首

   

中学時代の実話。

仲間内では公認のカップルであったA雄とB子、だがA雄がエリート高校を目指すための受験勉強で忙しく、二人の隙間は広がっていった。

ドライなA雄とは違い、B子は彼に会えない事にいらだち、A雄にしつこく誘いの電話をかけ続けた。




それに耐えられなくなったA雄がB子を振った数日後、B子は駅のホームに身を投げて死んだ。

無惨に引き裂かれたB子の遺体、だが、両手首だけがどうしても見つからなかったらしい。

時は流れて卒業式、A雄はB子に罪悪感を持ちながらも志望校に合格していた。

式が終わり最後のホームルーム、卒業アルバムが配られた時、A雄のクラスがパニックに陥った。

「A雄の両肩に、手首が添えられていた。」

ちなみに、私はA雄と同級生だったのでそのアルバムは持っている。

ヘタレゆえにそのページは捨ててしまったが。




 

 - 怖い話/怪談 ,