アクセスランキング

【怖い話】沈むモノを見たおかげで…

      2019/08/10

5年くらい前の秋かな、俺と友達の2人で河口湖にバス釣りに行ったときの話。

車で行ったんだけど、早く家を出たために午前二時ぐらいに到着。

明け方まで車の中にいても眠くなるだけなんで、釣りを始める事に決定、暗い中ちょっと怖かったけど、懐中電灯片手に岩場を降り、釣れればいいなとわくわくしながらルアーを投げてた。

20分ぐらいたった頃だろうか、10メートルぐらい離れたとこで釣りしてた友達が突然、

「んぬわああっ!」

という声とともに半泣きの顔で走ってきた。

ビックリしたので、どうした?と聞くと、

「で、出た!」

と真っ青な顔で一言。




とりあえず慌てて車に戻り、何があったのか友達に話を聞くと、ルアー投げてたら、自分から5メートルくらい右横の水面で、なんか動いてるのに気付いた。

何だろうと思って懐中電灯照らし、目を凝らしてよく見てみると、人間の手首が2本、水中から出てたと。

俺は本物の死体だったら大変じゃん!と思い、警察に行った方がいいよと話したら、友達曰く、

「あれ死体じゃないよ…だって、指動いてたもん…」

それ聞いて俺も背筋がゾーッ!メチャメチャ怖くなって、釣り道具そのままにして帰った。

それ以来怖くて河口湖に行ってないから、死体とか上がったって話も知らないし、あれは何だったんだろう?

つーか、俺と友達の釣り道具、計2万相当返せ




 

 - 怖い話/怪談 , , ,