アクセスランキング

【怖い話】気配の正体

   

大学生活と新しい下宿にも慣れた頃の出来事。

週末の夜暇なんでネット繋げて遊んでました。

時間がたつのも忘れてやってたんで気が付いたら2時をまわっていた。

「そろそろ寝ようかな」

とぼんやり考えていると、何者かの気配を感じる。

(自分一人しか居ない部屋なのに?)

と思い振り返るといつもの殺風景な自分の部屋があるだけだった。

その日はそれだけで終わったが、次の週末の夜もまたその次の週末の夜も、同じ時間に気配が…

しかも人が歩くようにゆっくり近づいてくる感じでした。

怖いと思ったが「正体を確かめてやろう」と考え、自分を中心に部屋全体を撮れる位置にビデオカメラを設置しました。

そして夜2時過ぎ、机とパソコンにむかう自分の姿を撮影し

「何か映ってないかな」

とテレビにビデオカメラを繋ぎ、見始めました

画面に映し出されたのは、いつもの部屋と自分の姿。

ささいな変化も逃すまいと目を凝らし見ていたけど、何もおかしいものは映っていなかった。

「やっぱり何も映ってなかったか」

とがっかりし、ビデオカメラを取り外しテレビの電源を切って画面を見ると、暗転したテレビに自分の姿。

そのすぐ後ろ息もかかりそうな距離にうらめしそうににらむ男の顔があった。

 

 - 怖い話/怪談 ,