アクセスランキング

【怖い話】村人が鎧兜を着て行進する村祭り

      2016/07/13

うちのかみさんが昔旅行代理店で添乗員の仕事やってたときの話。

徳島県に木屋平村っていう過疎の村があって、どこかの会社の慰安旅行の付き添いでそこへ行ったんだって。

自然以外はほとんど何もない村。

客のほとんどは若いOLで、あとは上司の中年男性が1人いただけ。

二泊三日、川でバーベキューしたり山道をただ歩いたり、かなりのんびりした旅行だったらしい。

何かのお祭りでもあるらしくて、山道を鎧兜を身に纏った村人たちが馬に乗ってたり歩いたりしてた。

かなり本格的な衣装だったんでOLたちは感心して写真をとりまくった。

帰りのバスで、OLの一人が急に体調を崩して、泡吹いちゃってちょっとヤバイ感じだったんで、救急車呼んで近くの病院に運ばれていった。

上司の男性が付き添いで一緒に行った。

その後の車内はいやな感じというか、うまく説明できないけど嫌な気配が充満してたんだって。

特に運ばれてったOLの座っていた座席に気持ち悪い気配があって、だれもその方向を見ようとしなかった。

隣や前後の席にいた客も座席を変えて座ったらしい。




かみさんは一生懸命場を盛り上げようといろいろ話をしたんだけど、車内は暗~い雰囲気に包まれてしまって、泣き出すOLもいた。

かみさんはずっと車内全体を見回す場所に立って話をしなくちゃいけないから、例の座席の付近も必ず視界に入ってしまう。

気にしないように気にしないようにと思いつつもその座席のほうに目が行ってしまう。

やがてパーキングエリアに到着すると、OLたちはみんな我先にと外の空気を吸いに車外へ出て、運転手もトイレに行った。

かみさんは一人車内に残されて、いや~な気配のする座席へ行ってみた。

座席の下にポラロイド写真が落ちてた。

運ばれてったOLが鎧兜の村人と一緒に写ってる写真だった。

かみさんは急いでその写真をパーキングエリアのゴミ箱に捨ててしまった。

鎧兜の武士がOLの方へ駆け寄って、振り下ろされた刀が首に深々と食い込んでる瞬間の写真だったんだって。

その後かみさんは即仕事をやめて、写真のことは秘密にして俺に話すまで誰にも言わなかったらしい。

あとで木屋平村のこと調べてみたんだけど、鎧兜を着る祭りなんて無いし、そんな風習も全く無いとのこと。




 

 - 怖い話/怪談 , ,