アクセスランキング

【怖い話】末裔が肝試しにいった結果

      2019/07/02

ここにAというヤツがいる

彼は戦国大名、武田家にゆかりのある者の末裔だ

御存知の通り武田は勝頼の代で織田軍に敗れ、一族郎党はすりつぶすように纖滅された

しかし辛うじて落ち延びた者もいたわけで、Aはそんな者たちの子孫らしい

話は変わるが、よく有名な心霊スポットに行って、何かしら祟りのようなもの、或いは不思議を体験したりした人がいるかと思えば、まったく何も変わらない人もいる

それは何故か

Aの住む市内に、ちょっとした心霊スポットがあって、よく地元の学生などが肝試しをするらしい

Aも行ってみたいと思っていたが、その場所は、昔から彼の家では禁忌の地、忌み地になっていたそうで、彼の父はその場所に行くことを頑に戒めていたそうである

しかし、彼は行った

夏休み、友達と二人で、夜中に。

結果は悲惨だった

友達の内、一人はバイクの事故で両足を切断、もう一人は、夏休みも終わる頃、誰もいない学校で屋上から飛び降りたそうだ、即死

バイクで事故った話は、その通夜の席で初めて知ったそうだ

不思議な事に、言い出したAは何事もない

通夜から帰ったAは、さすがにたまらなくなって、兄に(彼には十以上も年の離れた成人した兄がいた)事の次第を話したそうだが、全てを語り終わる前に、おもいきり面を張られたそうである

その後に兄が語ったことはこうだ




その地(山だが)は、昔、武田の者が織田軍の追っ手をから命からがら逃げ延び通った道だそうだが、途中やはり落ち武者狩りの付近の村の者に殺された所だそうだ、男はもちろん、女子供まで随分とひどい殺され方をしたそうで、以来その怨念云々

なぜAだけ何もなかったのか

その答をAの兄はこう語ったそうだ

その場所は普通の人が入った場合には、さして恐い所ではないそうであるが、その中に武田に縁のある者が行くと別だ、と

同行した者、あるいは誘われた者に凄まじく祟るそうである

自分達に流れる血が、四百年も前の彼らの怨念を呼ぶのだそうである

もしかしたら逆で、自分らの方が意識する、しないに関わらず、彼らに生贄を捧げているのかもしれないとも





 

 - 怖い話/怪談 , , ,