アクセスランキング

【怖い話】日光東照宮神厩舎おささる像の謎

   

日光東照宮神厩舎は、厩舎を囲む八枚の猿の浮彫で有名であり、中でも、

「みざる、いわざる、きかざる」

の「三猿」の木彫が名高い。

しかし、厩舎内の北面に彫られたもうひとつの「三猿」、

「みざる、いわざる、おささる(をささる)」

の彫像については、一部の社殿関係者が知るのみで、一般にはほとんど知られておらず、また公開もされていない。

この彫像は「三猿」といっても、外見を窺うことができるのは、「みざる、いわざる」の二猿のみで、残る「おささる」は、上から厚く漆喰で塗り固められ、その姿を見ることはできない。




社伝によると、「おささる」像は神厩舎の建立当初から漆喰によって覆われていたらしく、像の姿形についての記載は残っていない。

また、「おささる」像が、漆喰で覆い隠されている理由も記されていない。

安政の大地震の折、「おささる」像を覆う漆喰の一部が剥がれ落ちたことがあった。

神主達は像の姿を眺めることを忌み嫌い、厩舎に足を踏み入れようとせず、その修復を社殿に出入りしていた馬子に命じた。

長押に梯子をかけ、漆喰を塗り直した馬子は、翌日、飼葉桶に頭を突っ込み死んでいたという。

以上、「おささる像の謎」。




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,