アクセスランキング

【怖い話】戦慄の帰り道!

      2018/12/11

ある日、不良であるA君(14)はいつも通り、家から勝手に持ち出した金でゲームセンターで11時頃まで遊んでいた。

流石に飽きたA君は、家に帰ることにした。

電車を乗り終え、駅から出た。

暫く家に向かって歩いていると、深く帽子を被り、薄茶色のコートを着た男が向かい側から歩いてくるのが見えた。

すれ違う際、肩がぶつかり、A君は喧嘩腰に

「どこみて歩いてんだ」

と、怒鳴りつけようとしたが、その日はたまたまゲームセンターで色々商品がとれていたため、機嫌がよかったので、見逃した。




家に帰り、すぐに布団に入った。

次の日、テレビを見ると、近所で殺人があったことが報道されている。
殺されたのは友人で不良のB君。

「10時半頃、家に帰ろうと思ってBと一緒に道を歩いてたら、薄茶色のコートを着た男が肩をぶつけてきて、それに怒ったBが、そいつに怒鳴ったら、隠し持っていたナイフで顔面を2回刺されたあと、心臓を刺されて…。男はすぐに逃げて、俺はすぐ警察を呼びました。」

Aは凍りついた




 

 - 猟奇的な話 , , ,