アクセスランキング

【怖い話】意味なしミラーに写る者

   

俺の弟の話。

弟と友人3人の計4人は、地元ではわりと有名な○○トンネルに行った。

このトンネルを抜けると、そのまま山のほうに入っていく道があり、そのまま進んで行くと山を越えてまたトンネルの入り口に戻ってくる。

山越えといっても大層なものではなくて、車で5分くらいだったと思う。

この山道のちょうど真ん中位のところに

「意味なしミラー」

ってみんなが呼んでる鏡があんの。

よく交差点なんかにある丸い鏡。

あれがあるんだが、なぜか鏡が下を向いんの。

意味ないでしょ?(本当はあるらしいんだが)だから「意味なしミラー」

弟達は「意味なしミラー」のすぐ脇に車を止めて4人で下から鏡を覗き込んだ。

すると弟達4人は当然鏡に写ってるんだが




鏡の端っこにもう一人、小さな女の子が座っているのが見える。

4人とも

「!!」

な感じでいっせいにその場所を見る。

が、そこには誰もいない。

その後は4人とも車に飛び乗り、超スピードで家に帰ってきた。

弟曰く、

「対向車が来てたら死んでた」

ぐらいめちゃくちゃな運転だったらしい。





 

 - 怖い話/怪談 , , , ,