アクセスランキング

【怖い話】必ず死者が出る死神のオブジェが隣の県から

   

俺の住んでる地、鳥取県境港市には、水木しげる記念館なるものがある。
いわずとしれた妖怪作家の記念館である。

ここには全国の物好きから妖怪オブジェなるものが贈られて来る。

絵画や張子等、あらゆるものが贈られて来る。

それらは記念館前の商店街に展示されることになっている。

ある日隣の県の島根県から個人製作の妖怪オブジェが贈られて来た。
「死神」をモチーフにした張子であった。
なかなか出来のよい「死神」は、すぐに商店街の割と目立つ場所に展示されることになった。




数日後、その「死神」が展示されているお店の家族から死者が出た。

まだ若い元気なおじさんであった。

死者がでた店に「死神」を置いておくのは不謹慎だ、ということで「死神」はすぐに場所を移された。

数日後、また「死神」が展示されているお店の家族から死者が出た。

「死神」の展示は中止になる筈であったが、どこかの物好きが自分のところに置いてもいいと言ったので、三度展示されることになった。

結局、その物好きの家族からも死者が出たため、「死神」は現在、神社に安置されている。




 

 - 怖い話/怪談 , ,