アクセスランキング

【怖い話】強烈な引き…そして見えたモノは!!!

   

数年前、会社の後輩と海に夜釣りに行った。

釣り場に着き、仕掛けを用意している中、後輩(俺の釣りの師匠)は、独りでさっさと良いポイントに行ってしまっていた。

いつもの事なのだが。

……1時間くらい経った頃だろうか。

投げっぱなしにしていた竿が急にしなり、当たりを知らせる鈴が、静まり返った港に鳴り響く。

すぐ合わせをして、ヒットを確認、大物との戦いが始まった。

こんな引きは初めてだ。

後輩が気付いて声を掛けてきたが、それどころじゃない。

海に引きづり込まれそうな勢いだ!

わっ、わわっ!落ちる!!

その時後輩が俺の体を掴んでくれて、なんとか助かった。

後輩が、

魚かコレ!?違う!!何かヤベェ!!

と叫び、切ろう、ライン切ろう!!と騒いでいると急に引きが無くなり糸が巻けるようになって、その反動で後ろに転んだ。

何だったんだ。

とにかく巻こうということになり、ラインを巻いていると、また強烈な引きが。

うわー!!とか叫びながらもリールを巻き、もうすぐで見える、何なんだこの引きの正体は!!とか言いながら最後の力を振り絞って巻き続け、後輩がソレに懐中電灯を当てた瞬間、ベタだけど2人でその場からにげた。

巨大な白い手だった。

指が、せわしなく動いていた。

 

 - 怖い話/怪談 , , ,