アクセスランキング

【怖い話】封印された何者か…

   

友人の話。

仲間二人で山歩きをしている時に、いきなりの豪雨に見まわれた。

日が落ちても野営に適した場所が見つけられず、へとへとになっていた。

やがて道の脇に小さなお堂を見つけ、軒の下にもぐり込んだという。

雨合羽を脱ぐと、軒下でそのまま眠ってしまったそうだ。

翌朝、目を覚ますと雨は既に上がっていた。

一つ伸びをしてあたりを見回すと、昨夜は気がつかなかったものに気がついた。

お堂の扉一面に、白地に赤で書かれた古いお札がびっしりと貼られていた。




扉に近づくと、中から何か音が聞こえた。

コツコツという音がこちらに近づいてくる。

扉がぐっと開きかけた。

お札を破ることができないのか、扉は開かず、お堂の中もまた静かになった。

彼は眠り込んでいる仲間をたたき起こして、そこを発ったそうだ。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,