アクセスランキング

【怖い話】堀の向こうを覗いて見たらば…ありえない状態の

   

おれの住んでるところは田舎です。

高2の夏ぐらいに彼女と、彼女がすんでるマンションの下で待ち合わせをしていました。

なかなかこないなー

っておもって時計をみたら夜10時ぐらいになってました。

その時です、おれはブロック塀を背にすわってたんですが、そのブロック塀のうしろでぼそぼそと話し声らしきものが聞こえてきました

ブロック塀の下辺りには穴が開いていて、そこから

なんだろなー

ってのぞき込んでみました。

すると塀のむこうからも坊主の子供がこちらをのぞき込んでいました。
その子と顔の距離約30cm、しかもその子は白目をむいていました。

塀のむこうは川になっていて人が立っていられるほど浅くありません。
おれはそのまま意識を失い、その後来た彼女に起こされました。

 

 - 怖い話/怪談 , ,