アクセスランキング

【怖い話】土建屋の社員に聞いた亡き社長の話。

   

ある日、現場作業員が青い顔をして本社にやって来た。

現場で社長を見たのだと言う。

作業員が足場のパイプを運んでいる最中に、繁みの中から社長が飛び出してきて、両手を振り回したかと思うと目の前で消えてしまったそうだ。

社長は、その年の初めに現場近くの山で、猟師の流れ弾に当たって亡くなっている。

「足場のパイプを鉄砲と間違えたのかもしれない」

作業員は真顔で言った。

「社長とは古くからのつき合いだが、祟られるのは御免だ」

山で幽霊に出会った話というのは、実はあまり聞いたことがありません。

上記の話は、私の聞いた数少ない体験談の中でちょっと気になった話です。

怖いという風ではありませんが、なんとなく山の雰囲気を感じさせる話だと思います。

 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,