アクセスランキング

【怖い話】呪われたクリーニングテープ

   

昔の話。

友人Rの親父は自動車整備工で、Rが生まれると同時に一軒家を買った。

Rは一人っ子で家族3人でその家に暮らして普通に大きくなっていった。

そして中学生になって俺とも仲間になった。

ある日Rに帰り道で「ヨド○シカメラに行かないか?」と誘われた。

俺たちの中学校は私立だったから、帰り道○○駅のヨド○シに行った。

Rは「最近ビデオの写りが悪いんだよねぇ」と言って、クリーニングテープ(ビデオデッキのヘッドを綺麗にするためのテープ)とCDを買って帰宅した。

その次の日、何故かRは学校にきてなかった。

授業中にRにメールをすると

「今から行くよ」

とかえってきた。

昼休みRが浮かない顔で登校してきた。

俺やほかの仲間たちが

「どうしたんだよ!」

と元気に話し掛けるとRは重い口を開いて話し出した。

「実は昨日クリーニングテープ買って帰って、早速使ったんだよ。あれって普通何も映らないじゃん?でも、映ったんだよ…。」

「どうせうそだろ~!そんな言い訳教師に通用しなくない?」

みんなこの時は笑う余裕があった。

「まぁ信じなくてもいいや」

Rはそう言って続きをしゃべりだした。

「新品だったからビニールを破いてビデオデッキに差して再生したんだ。そして再生したんだけど、10秒くらいして急に明るい画面が写ったんだよ。」

「そしたら急に見たことある風景が映り出したんだ。どこだと思う?」

もう周りにはゴチャゴチャ言う者はなく、話に聞き入っていた。

「俺の家のリビングなんだよ…。」

「家具の配置から何から何まで同じなんだ、しかも途中で見た事も無いガキが映って来て、昔俺が遊んだ記憶のあるオーレンジャーのおもちゃで遊んでんだよ。誰もいない部屋で黙々と遊んでんだよ。しかも、もちろんその子供は昔の俺になんて似てもいないし全く見た事のない子供でさぁ。」

「そして1分くらいすると急にカメラの方を子供が振り向いたかと思うとテープが切れたんだよ。」

Rの話では、その後やたらと腹がすき、いつもはあんまり食べないけど大量に飯を食ってその後ソファーで寝てしまい頭が痛く、朝起きれないで遅刻したという。

ちなみにビデオに写った少年はソファーの上で遊んでいたという。

そしてこれは言いたくなかったのですが

そのRはこの世にいません。

友人だったのにこんな事を言うとRは怒るかな?と思いましたけど、あえて。

もちろんビデオとは関係ないと思っています。死の原因はバイク事故でした。

 

 - 怖い話/怪談 , , ,