アクセスランキング

【怖い話】同窓会の案内

   

僕が夏に経験した話です。

田舎に帰るかどしようか迷っていた頃ヨッシーから電話がありました。

「何年も戻ってないけどどうしてるんだ?今年の同窓会には参加しないのか?今年は、盛大にやるから先生たちも同級生もほとんどみんな出てくるんだ。幹事のミエもお前に連絡がつかないとぼやいていたぞ。電話してやってくれ。」

そんな内容だった。

ミエの電話番号を聞いて、彼女に連絡して今年の同窓会に出席することにした。

同窓会に出席すると同級生や先生達の懐かしい顔があった。

25年目ぶりなので、ほとんど顔と名前が一致しなくてみんなに怒られたり、あきれられたり…。

「相変わらず失礼なやつだなぁ。」

と仲の良かった先生にも笑われた。

しかし、その中にヨッシーはいなかった。

幹事にそのことを聞くと

「ヨッシーって誰?」

と聞き返された。

「あれ?」

確かにそのあだ名と顔は思い出せるのだが、名前は苗字も下の名前も思い出せなかった。

他の誰に聞いてもわからなかった。

そして、僕に電話をかけた人間は誰もいなかった。

幹事のミエも

「そういえば他のみんなには、はがきで出席の確認を取っていたので、自宅の電話番号しか教えていないはず。携帯に直接かけてきたのはあなただけだったからビックリした。」

といっていた。

その場の空気が悪くなりそうだったので、それ以上話を広げなかったが、誰も、嘘を言っている感じではなかった。

2次会でまたそのことが話題になった。

やはり誰もヨッシーを思い出せなかったし、後輩や両親、兄貴にまで電話をかけてみたけど誰も知らなかったし、僕に同窓会を教えてくれた友人は誰もいなかった。

ただ、母親がヨッシーらしき友人を覚えていた。

一度汚れた古本を誕生日のプレゼントだと言って持って帰ってきたことがあった。

あんまり熱心に読んでいるので捨てろとは言い出せなかったが、プレゼントにゴミ箱から拾ってきたようなものを渡すとはへんな友達だなぁと思ったのでよく覚えているとの事だった。

タニグチが「リダイヤルか何か残ってないか?」と聞いてきた。

当時の携帯電話の着信は、10件保存されるので、あまり使っていない僕の携帯には、彼の電話番号が残っていても可笑しくはない。

調べてみると確かにそれらしい番号があった。

リダイヤルを押すといきなり扉の向こうで携帯の着信音らしきものがいきなり鳴り出した。

友人の何人かがいきなり飛び出し扉を開けたが、誰もいなかった。

その瞬間僕の携帯がいきなり電池が切れてしまった(それ以来壊れてしまった)。

みんな怖くなって2次会は早々に切り上げることになった。

そして、先日ヨッシーからのメールが届いた。

「そのうち、そっちに遊びに行くからその時は泊めてくれよな。」

と書かれてあった。

返事はまだ書いていない。

 

 - 怖い話/怪談 , ,