アクセスランキング

【怖い話】受験時代の恐い話

   

俺の受験時代の恐い話をしよう。

俺は東北の農家の倅なんだが、東京の大学を目指して勉強した。

そりゃもう必死で勉強したよ。

そしていざ、受験。

一人で東京に出てきたのも初めてだった。

目指すは早稲田、慶応。

でも試験会場でつい浮き足立ってしまって、ろくに答案を埋められないまま試験時間が終了してしまった。

もう不合格は確実だった。

俺は途方に暮れたね。

受からなかったら親父の跡を継ぐことになってたからな。

当時の俺はくだんねー農家になる暗いなら死んだ方がマシだとさえ思ってた(今は農家だがw)から、ホテルに戻ったときに、これはもうマジで、自殺を考えた。

窓が開かないってことも知らずに、飛び降りようと、部屋(8階)につくなり窓までもうダッシュした。

カーテンを開け、窓の鍵に手をつける。

すると、




「自殺しちゃダ~メ~だよ~」

声が聞こえた。

振り返るが、誰もいない。

窓の外を見ると、オッサンが窓の下にへばりついていた。

ここは8階。命綱もなしに窓の下にへばりついているオッサンを見て俺は絶句した。

オッサンは俺と目が合うとにっこり笑った。

前歯が黄色くなってた。

一本欠けてた。

「生きてりゃいいことあるよ~」

そう言い残してオッサンは下に降りていった。

開かない窓のせいでオッサンがどこまで降りたのかは分からなかった。

俺は自殺する気もなくなり、実家に戻った。




 

 - 猟奇的な話 , , ,