アクセスランキング

【怖い話】即興で怪談創って話していたら存在しないはずの人が

      2016/11/21

むかし高校時代に部活の合宿に行った時の話。

合宿と言えば夜が本番ですよね。

当時の俺もその例に漏れず、友人と一緒に後輩の女の子の部屋に遊びに行きました。

後輩の女の子4人と俺と友人の計6人。

みんなでワイワイ雑談して、夏のお約束とも言うべき怪談話に流れ込みました。

女の子たちは怪談話なんか知らないし、友人も俺も2つ程でネタ切れ。

しかし、そこで流れが途切れるのは嫌だったので、俺が無理やりその場ででっちあげた嘘の怪談を続けました。

即興で作り上げた怪談を6つ7つほど語って、いざ大声を出して驚かせようとしたとき。

突然後輩の中で一番肝の太い女の子が悲鳴を上げました。

驚いて何事かと思うと、彼女は窓の外に男の顔があったと言うのです。
慌てて窓を開けて外を確認しましたが、もちろん男の姿はありません。
その部屋は3階でベランダはなく足場もないので、覗くことなどできるはずありません。

怪談を聞いていたために怖くなってありもしないものを見たのだろうとその時は思いました。

そこへ部活の顧問が後輩の悲鳴を聞いてやってきました。

消灯時間をとっくに過ぎていたため、俺と友人は怒られると思いました。

案の定顧問は怒りました。

「お前らこんな時間まで何やってる!3人ともさっさと部屋に戻れ!」

その時感じた恐怖は喩えようがありません。

顧問は確かに3人と言いました。

後輩の女の子は4人とも同室で、出て行くのは俺と友人の2人のはず。

ならば3人目は一体誰なのか?

顧問に3人目が誰なのか尋ねると、きょとんとした表情で首を傾げます。

「あれ?おかしいな。もう一人いなかったか?」

慌てて部屋に戻って布団に潜り込みましたが、結局怖くて眠れませんでした。

皆さんも怪談話をするときは気をつけましょう。

実話でも創作でも、出るときは出るようですよ…

 

 - 怖い話/怪談 , , ,