アクセスランキング

【怖い話】南無阿弥陀仏

   

これは俺の友達Y君の話。一応実話らしい。

彼の家系は代々霊感とやらが強いらしい。

なぜか男だけ(理由は不明)

父親も祖父も霊感が強く、見ちゃうらしいのよ。

で、Y君もやっぱりそんなクチで、たまに怖いもの見ちゃう。

ファーストコンタクトは小学校の時プールで、飛び込み台にず~と立ってる首のない(頭部浮いてる)血まみれの男だったそうな。

祖父にその事を話すと、

「そういう時は南無阿弥陀仏と何回も念じるとよい」

と教えられ、変なもの見たときはそうすると消えたそうだ。

でもまあ、すげえ怖い思いはしないで高校2年を迎えた。

ここから。

ある夜、部活から帰って疲れ果て風呂にも入らずベットでうとうとしてた。

で、金縛り。

金縛りは体験済みだったから、「またかよー勘弁してくれよ~」ぐらいに思った。

でもいつもより長めなんだ。

不安になりながらも、目動かして辺りを見渡すと、自分の足の先に少女の顔。

Y君をじーっと見てる。

今までに無い近さだったので本当怖かったらしい。

で、嫌なのに視線が固まって目そらせない。

そのうち、口がパクパク動いてるのに気が付いた。

どうも

「遊んで」

と言っているらしい。

もう狂いそうになったが、南無阿弥陀仏をずっと唱えてた。

そうしたらそのうち消えたんだって。

でも、次の日からその少女は夜ごと出てくるようになった。

しかも日を追うごとに顔の方に近づいてきてる。

で、20日後ぐらいにはY君の肘くらいまで来てた。で、パクパクしてる。

さすがに生きた心地がしなくなり、その日は心を込めて南無阿弥陀仏した。

とにかく必死に念じた。

「成仏してください」と。

すると、今まで声は出さなかった少女が初めて声に出してしゃべった。

「そんなの、もう、きかないよ」

 

 - 怖い話/怪談 , ,