アクセスランキング

【怖い話】公園デビュー

   

引越しして2ケ月、子供は2歳、可愛い盛り、そろそろ公園デビュー。

服装も完璧、ブランドじゃないし、バッグも普通。

ベビーカーも義姉のお下がり。

春の日差しの中におでかけ。

「こんにちは、○○裏のマンションの2階に引越しして来ました佐藤です。」

子供たちが寄ってきた、砂場で遊んでいたらしく砂だらけ…。

「どうも~田中です、山田です、よろしく。」

「可愛いお子さんね、いくつ…」

息子は指を全部出した。2つなのに。

「お名前は…」

「りょうです」

まだ言えないけど愛想はいい。

「カワイイィ、、おばちゃん!私たちが遊んであげる」

と子供たち。

「まだ、おばちゃんじゃないわよ!」

と口には出せない。

砂場を見るとお山が出来ている。

「まぁ、大きなお山、みんなが作ったの?」

横にあいた穴にひざまで入ってみんな真っ黒、愛する息子は興味津々。

赤いバケツと黄色いスコップでヨチヨチあるき。

「おいたしたらしかってね?」

「ハァーイ」

と可愛い声。
うまくやれそうだわ、

「これからもよろしくね」

始めのうちはそこにいて…いつのまにかちょっと離れ、子供たちを横目でみながら田中さん、山田さんのお話。

そしていつの間にか…。

話も弾んで夫の事、会社の事、そんな井戸端会議であっという間に時は過ぎた。

ふと、胸に風が通り過ぎた、なぜかハッとなって後ろを振り向いた。

砂場には女の子2人の姿があった。

楽しそうに…。

「子供がいない!」

あわてて砂場へ駆け寄った。

靴が!子供の靴がちゃんと揃えておかれていた。

「おばちゃん、りょうくん悪い子だったからおねんねしてもらったの」

お山の横の穴はもうなかった。

 

 - 猟奇的な話