アクセスランキング

【怖い話】何故か居ない場所へのお礼参り

   

俺は中学・高校の時、寮に入ってた。

その時の出来事。

その寮では夜、自習時間というのがあって、自習は自習棟という、宿泊棟とは別のところで行われていた。

Tという後輩が自習中、宿泊棟に忘れ物をしたので、こっそり取りに戻ったときの事だ。

自習時間中は宿泊棟の電気は基本的には付けてはいけないので、電気を付けずにTは宿泊棟に入っていった。

Tの部屋に行くには、Jの部屋の前を通らなければならない。

Jはこのとき、体をこわして入院をして寮にはいなかった。

Tは自分の部屋にいく途中、Jの部屋に人の気配を感じた。

人がいるはずのないJの部屋に気配があるのはおかしい。

そう思いながら、TはちらりとJの部屋に視線を送った。

するとなんとそこには

Jのベッドの上で帽子をかぶって正座をしている女の子がいた。

女の子がいるはずはなかった。

ここは男子寮なんだから。

Tは慌てて逃げた、忘れものも取らずに逃げた。

その後も、Jのベッドでは帽子をかぶった女の子が何度か目撃された。

数日後、Jは退院して寮に戻ってきた。

みんなは、帽子をかぶった女の子の話をJにした。

お前の部屋には霊がいると。

Jはそれほど驚くことなく、

「それはたぶん…」

と話し始めた。




Jの実家は開業医。

Jがまだ小学生の頃、風邪をこじらせて長期で学校を休んでいたとこがあった。

Jは自分の家の病院に入院し数日が過ぎたある日、1人の女の子がその病院に担ぎ込まれてきた。

その女の子は、交通事故にあい、頭に深い傷を負っていた。

その病院は、脳外科とは違い専門外だったが緊急ということで、運ばれてきたという。

応急処置をして、専門の病院に移される間、ベッドが空いていなかったこともあって、Jの横のベッドにその女の子は運ばれてきた。

並んでベッドに横になる2人。

どれぐらいの時間がたっただろうか、Jは女の子の視線を感じた。

女の子の方を向くと、うつろな目でJをじっと見つめていたという。

Jは彼女が自分を見ていないことがすぐ分かった。

女の子の視線の先には、Jの為にクラスのみんなが織ってくれた千羽鶴があった。

Jは千羽鶴から一羽の鶴をむしり取ると、女の子のベッドに投げてやった。

女の子はとくに表情を変えることはなく、うつろな目のままだったという。

しばらくして、女の子は専門の病院に移されていった。

そして、Jはその子が亡くなったことを後日知らされた。

Jは自分の部屋に来たのは、たぶんその女の子だろうと言った。

また入院してしまった自分を応援しにきてくれたのだろうと…

そして、帽子は傷を負った頭を隠すためだろうと。

その後その女の子は2度と現れなかった。

この話を聞いて、お礼だったら寮じゃなくて、Jの入院する病院に行けばいいのに。

と思ったりした。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,