アクセスランキング

【怖い話】仕事熱心なタクシーの運転手は最後は妻のところに

   

私は最後の客を降ろし、会社へと向かっていた。
しかし最後の最後についてない、まさか○○峠の先まで行かされるとは…
時刻は午前2時をまわったところ。
○○峠は最近、タクシー仲間で少し話題の場所だ。

今夜のように雨の夜は…特に"出る"らしい…。

私はその手の話が特に苦手だった。
しかも日付は変わってしまったが、今日は妻の誕生日
少しでも早く帰りたいと、気持ちだけが焦る。
助手席には妻へのプレゼントも載っている。

そんな事を考えながら、車はそろそろ○○峠にさしかかっていた。

雨に濡れたカーブミラーの傍らにそれは立っていた。
右手を上げた若い女。

私は全身が凍りつくのを感じながら、タクシー歴10年のプロ意識もあって、その女に足があるのを確認した。

気が付くと、私は女の前で後部座席のドアを開けていた。
まさに吸い寄せられるように…

「えぇ~っと…どちらまで…?」

私は自分が言っているのかどうかさえ判らない意識で、行き先を聞いた
「…××池まで………」

女の指示に私は2度凍りついた。
新興住宅地の中にあるその人口池は最近自殺の名所としても有名になりつつあった

「はい…わかりました。」

私の返事に女は答えず、うつむいたままただ車の揺れに身を任せていた。
ルームミラーを見るのも恐ろしく、実際私は背後の陰鬱な気配に運転どころではなかった。

20分も走っただろうか、車はとある住宅地に入った。
余談だが、その住宅地には私の家もあった。
恐怖のあまり、逆に家と妻が恋しく感じた私は

「…とてもこのままでは走れない…そうだ、家によって家内にプレゼントを渡そう…家内にこの状況を話せば、何とかなるかもしれない…」

なんの根拠もなかったが、そうするしかないと思った。




「妻が今日誕生日で…遅くなってしまったのですが、プレゼントだけ渡してきてもよろしいでしょうか…?」

私の問いに女は答えなかった。
答えは無かったが、私の気持ちは固まっていた。
もう、このままの気持ちで走るのは無理だ…
無言でうつむく女の返事を待たずに私は自分の家の前で車を停めた。

「すぐ戻ってきますので…」

後部座席に声をかけ、私はプレゼントだけを持って我が家へと入った。
「お客さん…?ちょっと申し訳ないんですが、私の家がこの近くなんです」

20分も経っただろうか、タクシーの後部座席で女は目覚めた。

「ん…?ここは何処だろう…?」

見慣れない風景に、女はあたりを見回した。
運転手も居ない事に、すぐ気づいた。
ふと見ると、真夜中にも関わらず、煌々と明りをつけせわしなく人の出入りしている家がある。

「…この人たちに聞いてみるか……」

女はタクシーを降り、ちょうど家から出てきた女性に今までのことを話した。
すると…

「…はい…そうですか…それは主人です…」

といったまま、その女性は泣いてしまった

「???????」

事情の全くわからない客に向けて、女性は続けた。

「主人は今日の夕方…事故で……」




 

 - 怖い話/怪談 , , ,