アクセスランキング

【怖い話】京都に行きたかった訳

      2019/10/22

私は8年前、15歳の時に今の家に引っ越してきました。

この家はもともと母の友人一家が暮らしていた家なんですが、その一家が引っ越して空き家になっていて、そこに私達家族が引っ越してきたんです。

でも、この家はどうもおかしい…

しょっちゅう金縛りにあうわ、家の中で変なモノを見てしまったり、人の気配がしたり…それも、特に私の部屋でそういう体験をする事が多い。

それもそのはずで、以前この家で暮らしていた一家は、ワケありの一家なんです。

その家の娘さん(母の友人)は、若い頃に失恋で自殺。

その後、残された両親は借金の為に夜逃げのように引っ越していったらしいんです。

その娘さんが使っていた部屋が、今の私の部屋。

私は今は普通に毎日を過ごしていますが、数年前に失恋して自殺を考えた事があって…

結果、自殺なんてしなかったんですが、もしあの時に本当に自殺していたら、近所の人に

「あの家は呪われた家じゃない?前に住んでた娘さんも、今住んでる家族の娘さんも失恋で自殺したよ」

なんて噂されるかも

この自殺した娘さんは、京都に行って、橋から飛び降り自殺したらしいのですが…

私はなぜか昔から京都に行きたくて行きたくて。

去年、彼氏に

「今度どこかに旅行に行こうか」

と言われた時、すぐに京都に行きたい!と言い、京都に行く事になりました。

京都といえば、たくさん観光地はあるんですが、私はなぜか渡月橋に行きたくて。

京都についてからも、渡月橋に行きたい!他の所は行けなくても良いから、渡月橋だけは絶対行く!と渡月橋に向かいました。

旅行が終わって帰宅して、母に渡月橋は綺麗だったよーと話すと、母に

「渡月橋は、あの子が自殺した橋だ」

と聞かされてゾッとしました…

私はその時、

「だからあんなにも渡月橋に行きたかったのかぁ。もしかしたら、これをキッカケにして、家の中での怪奇現象がなくなったりして」

と期待したのですが、何も変わらず…

つい一昨日も、夜中に金縛りで目がさめると、部屋の中を黒い塊がフワフワと浮かんでるのが見えました

本当、不気味な家です。

これだけでもじゅうぶん不気味なのに、さらに家のすぐ裏が墓地です…

 

 - 怖い話/怪談 , , ,