アクセスランキング

【怖い話】乳母車

   

富山県高岡に会社の同僚と仕事にいった際、夜にゲームセンターに入った。

UFOキャッチヤーの横に乳母車と母親らしき人物がいた。

よく見るとうぶ着を着た赤ん坊が異常にデカイ。

小学校高学年ぐらいの大きさなのだ。

俺たちは、乳母車をのぞきこんだ。

そしてすぐ店を出た。

300メートルほど歩いて、初めて俺と同僚は口を開いた。

「今の見たか…」

産着につつまれていたのは、焼けただれた顔面の少年だった。

頭蓋骨に鮭の身がうっすらとついた様な…

ほんとうに洒落にならない。

トラウマになった。

 

 - 猟奇的な話