アクセスランキング

【怖い話】ヤバイの乗せた!

   

その日の夜、友人(ビビリ)は和歌山の山中を、一人で車で家に帰ってました。

そして、いくつかのカーブの後、突然ライトの光に浮かび上がって来たのは、百姓姿の婆さん!!

うっぎゃぁぁあああ!!!

しかし背中には農作業用のクワを背負ってるし、足もあり、ちゃんとヨタヨタ歩いとる。

夜中の十時になろうというのに、一人で道路脇を歩く婆さんに、友人は怖いというよりは、心配になり、あろうことか車をその婆さんの隣りによせ、声を掛けた。

「大丈夫すか?今から向こうの町まで帰るんすけど、送りましょうか?」

「……」婆さんは無言のまま、手を振って、いらんいらん、とジェスチャー。

しかし故郷の祖母を思い出した友人は、なにか感情が湧いたらしく、婆さんの行き先が山向こうの町であることを確認すると、ついでだから、と婆さんを説得して隣りに乗せ、山道をすいすいと進んでいった。

山道も終わりにさしかかり、その内に町が見えてきた。

「もうすぐ着きますよ~」

と、隣りに婆さんに目をやった瞬間

ひぃ!

と友人は声をあげそうになった。

足が無かった。

さっきはあったのに。

歩いてたのに。

やばい!

やばい!!

友人はスピードを上げ、町に急いだ。

その時、婆さんがちらっとこちらを見た気がした。

友人の背中が震え上がった。

(やべ~。なんでこんなのが乗ってんだ?と、憑りつかれてしまうのかっ?)

やがて町の明かりが近づき、友人は町の入り口の手前に、車を止めた。

とてもじゃないが「家はどこですか?近くまで車で送ります」とはどうしても言えなかった。

「つつつ着きました!!」

「…」

婆さんはドアを開けると

正座していた足を降ろし、丁寧に礼を言うとひょこひょこ歩いて帰って行きました。

 

 - 怖い話/怪談