アクセスランキング

【怖い話】トレースする謎のおやじ

   

久しぶりの学生時代の友人から飲み会にこない?と誘われた。

あいにくの雨。

バスには乗り遅れるし、電車に乗ったら人の傘がズボンに触れるし、イライラしながら30分遅刻したけど待ち合わせの居酒屋に。

ひさしぶりなので話が弾み、ビールで乾杯のあと、梅酒、ワインと酒も進んだ。

カラオケ行って帰ろうと思ったときは終電ギリギリ。

バスはもう無かったのでタクシーにのることにした。

タクシー乗り場には4人並んでいた。

私の前にはちょっと危なそうなおじさん。

なんかブツブツ言っている。

中々タクシーもこないのでちょっと興味が沸き、聞く事にした。

「う~今日は折角の集まりだったのに雨か。バスには乗り遅れるし…」
なんか私と一緒?

「電車に乗ったら人の傘で濡れるし、居酒屋には遅刻するし…」

こいつ私の今日の事知ってる!!

早くタクシー来いよ!

こういうときに限ってタクシーがこない。

乗り場にはついに二人だけになってしまった。

聞きたくないのにオヤジの声が耳に入ってくる…

「久しぶりの友達とは話が弾むねえ。まずはビールで乾杯っと。お次は梅酒。ワインも飲んでちょっと酔ったかなあ?」

「終電はギリギリ、駅からタクシーで帰ろうとしたら変なオヤジが…」

逃げ出そうと思った瞬間タクシーが来た。




ふっと見るとオヤジもいない。

ああ、助かった!!

なんか見慣れないタクシーだったが、その場にいたくなかったのでタクシーに乗り込み、今までの恐怖を思い出してグッタリした。

タクシーは走っている。

行き先も言ってないのに。

しかも自分の家の方向だ。

「今日は最後に怖い事があって大変でしたねえ」

と運転手。

「!!!!」

運転手の顔を見ると…

先ほどのオヤジ…

後はどう帰ったのか覚えていない。

タクシーを無理矢理降りた事だけ覚えている…




 

 - 怖い話/怪談 , , ,