アクセスランキング

【怖い話】テントの外の足跡はあの方向から…

   

数年前、5月のゴールデンウィークに茨城にキャンプに行ったときの話。

メンバーは友人A、B、Cと俺の男4人。

A、B、Cは連休さえあればキャンプに行ってるが、俺はいつも休みが合わず、この時が初参加だった。

「どうせ茨城なら海辺がイイ。」

「周りに迷惑がかかると悪いから人の少ないところがイイ。」

と、国道51号線から数百メートル細い道を入った所にある某海岸に辿り着いた。

その海岸入り口付近には先客の家族連れキャンパーがいたので俺達は更に海岸を進み、200メートル程離れた砂浜にテントを張った。

昼間はサーファーがイッパイいたが、夕食の準備をする頃には誰もいなくなり、見渡す限りその海岸には先の家族連れキャンパーと俺達の2組のみになってしまった。

周囲に灯りもなく早めに寝る事にしたのだが、テントは3人用だったので並んで寝るのは3人が限界。

そこでA、B、Cは川の字に、俺はその足側に一の字に、つまり「山」みたいな形で寝た。

夜中、俺は尿意を催し目を覚ました。

携帯で時間を確認すると2時ちょっと過ぎだった。

「こうゆう話は大概2時だ」

と全く信じてなかった俺だが、体を起こそうとした時、波の音と明らかに違う音が耳に入り、俺は体を硬直させた。

多分5メートルぐらいは離れているであろうその音は

「ザッザッザッ」

と俺達のテントに近づいてくる。

その音の重み、間隔から人の足音だと直感した。

ちょっと待て。

少なくともテント越しに灯りは見えない。

灯りも無しにこんな砂浜を歩くのは不可能だ。

家族連れキャンパーは南に200メートル程で、こんな所まで来るはずがない。

しかも足音は東側から聞える。

…第一、これは(生きてる)人間か?

俺の頭はパニック状態。

足音は既にテントの外数十センチまで近づき、俺達のテントの周りを時計回りに回り始めた。

「どう考えてもヤバイ!」

友達に声をかけようと思ったが大声を出すのも怖い。

しかも友達は俺に足を向けて寝ているので、頭部までの180センチ程度が異様に遠く感じる。

この状況で寝袋から出る勇気もない俺は尿意も忘れ、寝袋にすっぽり頭を入れ、足音が聞こえなくなるまで我慢する事にした。

しかもその足音、テントを一周する毎に俺の所で停まり、1~2回テントの布を押していく。

テントの骨組が歪み

「ギシィィ」

と嫌な音が響く。

俺は必死に脳内で歌を歌いながら

「寝るんだ!寝るんだ!」

と繰り返し、ふと気が付いた時には外も明るくなっていた。

俺は尿意を我慢していた事を思い出してテントの外に飛び出し、なんとか粗相をせずに済んだ。

ホッとしてテントに目を向けて愕然とした。

テントの周りには何週したか解らないほどの足跡があり、それは海の方から来て、また海の方に戻っていた。

俺は友達3人を叩き起こし、事情を説明して逃げるようにその海岸を後にして、その日は他のキャンパーが沢山いる公共のキャンプ地に泊まった。

 

 - 怖い話/怪談 , , ,