アクセスランキング

【怖い話】シチトウ!?

      2018/10/07

私の祖母は大変花が好きな人で、庭にはいつもたくさんの花が咲いていました。

私は小さい頃から花は好きなのですが虫が苦手で、家の中から庭を眺めることはあっても庭に出ることはほとんどありませんでした。

ある日小学校から帰ると家の中には誰もおらず、ふと庭を見ると祖母が花に水をやっていました。

誰もいない家にいるよりは…とそっと庭へ出ました。

祖母はすぐに私に気付き、めずらしいね、みたいなことを言いました。

私は、虫にびびりながらも好奇心から庭をうろうろしました。

庭はそれほど広くないのですが、大小の庭木が規則性なく植えられていて死角になるところはたくさんありました。

おばあちゃんは私に絶えず声をかけ、話をしていました。

しかし私は生返事を繰り返し、小さな死角が秘密基地のように思えて夢中になってしまいました。

そして庭の隅にある葉っぱのたくさんついた庭木(あまり詳しくないので何かわかりませんが)のむこうに広いスペースを見つけました。

そこはちょうど裏庭のようなところとつながっていて、壁と家に挟まれた入り口(庭木にさえぎられてちょっと見たくらいじゃきづかないような隙間)の奥は大人が入れるくらいのスペースがありました。

そしてそこには見たことがないような花が咲いていました。

黄色で、花びらがたくさんついていて、花びらがあつまってピンポン玉くらいの大きさの球になっている花でした。

そして、風邪もないのにその花がふわりとこっちをむいて、今思うと不気味ですが私は無感動に見つめ、行かなきゃと、ただそれだけを思いました。

庭木をがさがさと通り抜け、間近で花を見ると私は一本を引き抜き口のなかへ入れました。

食べなきゃ、タベテ、食べるよ、タベテ。

と、自分と何かが会話しているようでとまりませんでした。

花は生臭く、気持ちわるいのに私は噛み締め、食べていました。

たぶんそれは一瞬の出来事で、祖母は私が花を飲み込んだところで飛んできました。

『食べたが!?吐かれ!あぁシチトウが…』

祖母は私の口に指をいれ、吐かそうとしましたが、はけず、私は意識を失いました。

気が付くと、私は仏間に寝かされていて、お坊さん(その頃すでに祖父は亡くなっていたのですが祖父の葬儀にきたのとは別の人でした)はお経を唱えおわると、

『この子は次のこや、この子が死ねばシチトウは終わりや。終わりにせんがけ?』

と祖母に話し、祖母は

『私がもっていくからうつして下さい。』

というようなことを言っていました。

それからまた意識を失い、気が付いたときには三日たっていました。

まだ朦朧としていると祖母が

『忘れるがやよ、もう大丈夫やから』

と言いました。

そぼはやさしく笑っていました。

そして今、祖母は末期ガンで入院中です。

普通では考えられないくらいのスピードでガンは進行していて、もう一週間と生きられません。

シチトウとは何か、あの花は何だったのか気にならずにはいられないけれど、ずっと聞けませんでした。

今日おばあちゃんに話を聞きました。

病室に入り、話を聞いていました。

あの花には呪いがある。

そのいわれや過去の話。

そこには父もいて、時々祖母は様子をうかがうように父を見ていました。

話が終わり、私が病室から帰るとき、父がついてきました。

そして言うのです。




『お婆ちゃんはずいぶん前からくるっとる』

実は私が小さい頃から祖母は怪しげな宗教にかよい、お金を要求してくるわけではないから、と父もほっておいたらしいのですが、ある日お婆ちゃんが作った肉じゃがに手羽先のようなものがはいっていて、(めずらしいね、何ていいながら食べたそうです。私は覚えてないけど)酒粕で味付けしたと言っていたそうで臭みも少なく、不審にも思わなかったそうです。

次の日生ごみ用の大きなポリバケツからウジまみれの猫の死体が見つかったようです。

それ以来、怖くなり両親は祖母とは別居。

私が食べた花も、儀式で使うようなモノを誤って食べたのだろうということでした。

私が倒れた時祖母は

『鼠捕りを間違えて飲んだが、すぐ吐かせたから医者はいらない』

と言い張ったそうです。




 

 - 怖い話/怪談 , , ,