アクセスランキング

【怖い話】コハンバの足跡

      2019/01/18

部のOBに聞いたんだけど、11月頃に部で所有している山小屋に一人で泊まった時、夜一人で寝てたら窓がガタガタ音を立てるんで目をやったら、髪の毛ボサボサの女が窓に貼りついてたそうだよ。

「なんだ…コハンバか…」

ってまた眠っちゃったらしい。

何でコハンバなのか自分でもわからない。

寝ぼけてたんだろうって言ってた。

でも、翌朝見てみたら窓の外の雪の上にちゃんと足跡が残ってて、何気なくその足跡をたどって




いったら、途中からだんだん足跡が大きくなっていって、さすがの先輩も

「ヤバイかも…」

って思ってひき返したらしい。

来週、その山小屋の整備に行かないといけないので、その時は一人で寝てみようと思う。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,