アクセスランキング

【怖い話】ゲームセンター

   

その昔、行き付けだったゲーセンはなぜだか知らないが必ず10時に閉店してた。

元々寂れたゲーセンじゃあなかったし、大学の近くだったせいか、夜でも客は常に居た。

それでも店の親爺はわざわざ客を追い出してまで(勿論、相手がヤンキーだったりしても)10時には必ず店を閉めていた。

行き付けだったせいか俺はその親爺と知り合いだった(といっても街で会ったら軽く挨拶する程度だけど)。

ある日、俺が19XX(なかなか終わんないのよね、これ)やってる時に、おやじが店を閉めると言い出した。

俺「何でいつもこんな早く閉めるんだよー」

無言でシャッターを閉め始める親爺。

周りの奴はぶつくさいいながらも店を後にして行く。

むかついた俺はそんな親爺を尻目に1人ゲームを続けた。

「終わったら帰るからもうちょっとやらせてくれよ」

とかいいながら。

しばらくして面クリアのデモの最中、ふと後ろを見ると、様子が変だ。

そこのゲーセンの扉はガラス張りなんだが、その扉にぴったり張り付いてこっち見てる奴がいる。

シャッターしめた筈なのに。

驚いて動けない俺の横で、親爺が言う

「こんくらいの時間になるとな、たまにああいうのが見えちまうんだ、ここは。」

俺は親爺と二人裏口から店を出た。

そこの店はその後も代わり無く営業してる。

 

 - 怖い話/怪談 , ,