アクセスランキング

【怖い話】ガリガリ音の正体は最初からあるタンスの中に

      2017/02/27

いとこから聞いた怖い話。

いとこの友達にNという友達がいます。

そのNが家族で引越して、新しく住むことになった家での出来事です。

Nは住み慣れたマンションを離れ、一軒家に引っ越すことになりました。

新築ではないけれど、それなりに住み心地のよさそうな家だと思いました。

一階は両親の部屋、二階には二つの部屋があり、一つはNの部屋、もう一つは洗濯物をとりこむ部屋として使われていました。

引越しをして半月ほど経ったある日の夜。

Nは布団にはいり、いつのまにか寝てしまいました。

すると、部屋のどこからかガリガリという音が聞こえてきました。

周りがシーンとしているせいもあって、その音が妙に大きく感じられます。

ねずみの仕業だろうとその時は思い、そのまま寝てしまいました。

そんな出来事が何夜も続き、両親と相談した結果、ねずみ駆除業者を呼ぶことにしました。

しかし、業者に天井をみてもらったのですがねずみは一匹もいなかったそうです。

その夜もまた同じようにがりがりと部屋のどこからか音がします。

Nは音の発生場所を探ろうと、壁に耳をくっつけて音の濃い部分を探り当てました。

どうやら音は部屋の壁の方からしています。

いや、正確には隣の部屋の壁からです。

隣の部屋には洗濯物がたたんで置いてあるだけで他には何もないなのにな、とNは思いました。

次の日、Nは隣の部屋の壁を見てみようと隣の部屋の壁を見ました。

壁の前には妙に古いタンスが置いてあって、壁を見ることが出来ませんでした。

奇妙なことに、Nはこのタンスに見覚えがありませんでした。

母親にタンスのことを尋ねると

「最初から置いてあった」

と言っています。

ここで初めてNは妙な不安を感じたそうです。

両親と一緒にそのタンスの引き出しを開けてみようと試みました。

タンス自体は壁に打ち付けてあってどかせなかったからです。

なかなか引き出せない引き出しを父親が一つ取り出せました。

「なにこれ」

母親が言いました。

引き出しには、お札が張ってあり、中が見えないように厚い紙のようなもので塞がれてありました。

父親は霊的なものをまったく信じないタチなので、そんな奇妙なモノをみてもまったく動じず、塞いでいる紙を剥がしだしました。

Nは怖くて動けなかったそうです。

紙を剥がし終わった途端父親が大きな声をあげました。

引き出しの中には人形が入っていました。

その顔は歪んでいて、苦痛にもだえるような顔だったそうです。

父親は驚いて引き出しを蹴飛ばしてしまい、その反動で髪の毛で隠れていた白く濁った人形の目が見えました。

結局人形はお寺でお払いしてもらい、ガリガリという音は聞こえなくなったそうです。

いとこがNの母親にこの話の真意を確かめようと聞いてみました。

母親はその出来事を思い出し、顔を歪めたそうです。

 

 - 怖い話/怪談 , ,