アクセスランキング

【怖い話】とある派出所で同じ日、同じ場所で理由無き自殺

   

怖いかどうかは別として、とりあえず実話を…

俺はK県Z市って所に住んでる。
で、隣がM市って所なんだが、今から20年以上前の話だ。

M市の国道沿いに派出所が有った。

中学生だった俺は、結構ヤンチャだったので、M市に行っては色々とゴタゴタ(警察沙汰ってやつね)を起こしてた。

で、ある日ゲーセンで5人ばかしと乱闘騒ぎになり、ツレと俺は補導(まぁ、逮捕に近かったんだけど)されてしまった。

で、その派出所に若い警官がいたんだ。

一緒に捕まったツレと俺を後に気にしていてくれて、たまに顔を見に来ては海外のハードロックとか、バイクの話をして、雑談して行く。
不良中学生と若い警官の交流だった(笑)

秋も深まったとある夜、ツレから電話があった。
なにやら慌てている。

「お、おい!○○さん、し、死んじゃったぞ!

電話の向こうでドモリながら怒鳴るツレ。
実はツレの家は、その派出所のすぐ近所にあり、20歩位歩くと派出所が見える位置にあった。

「マジ?どないしたんや?事故か?…まぁ待っとれ、今からオマエん家に行くわ!」

俺はRZ50(懐かしいでしょ?)に乗って、ツレの家に向かった。

ツレの家に着く前に、派出所が見えた。赤灯が回ってる…。

「…?…何や?」

疑問が湧いたがとりあえずツレの家に直行した。
玄関先でツレは待っていた。
真っ青な顔をして。

「どういう事や?○○さん、この間も逢ったばかりやないか?」

「お、俺にも解らん!あのなぁ、○○さん、拳銃でドタマぶち抜いたんや!

「はぁ~?この間初めての子供が出来たって、○○さん言うてたやん!マジかよ?」

「マジや!遺書も無かったみたいや。俺、昼にたまたま○○さんに逢って話したばっかりやのに…」

「変わった事無かったんか?」

「無い!いつもみたいに単車の話して、これから警邏に行くって言いよった。」

その後、二人で派出所に行ってみた。
まだ鑑識(?)の奴等が出入りしていた。

1人を捕まえて
「○○さん、どないしたんですか?」
と、聞いてみた。

「五月蝿い!あっち行っとれ!オマエ等には関係ないこっちゃ!」

と、とりつく島もなく、俺達はけんもほろろで追い返された。

次の日俺は、オヤジの親友であるM市の警察官**さんに電話を掛けた。

小さい時から俺を知っているし、色々な犯罪捜査の話もしてくれていたから、きっと何か話してくれる筈。

そう思ってオヤジに連絡を取って貰った。

**さんの話は、俺の想像以上のものだった。

まず、○○さんは遺書さえも残さず、突然自分の頭を拳銃で撃ち抜いたらしい事。

派出所には二人勤務していて、もう1人が20分程留守にした間に自殺したって事。

その夜、同僚と夜釣りに行く約束をしたばっかりだったって事。

そして、**さんの話で一番怖ろしかったのが、

その派出所で拳銃自殺をしたのが、○○さんで2人目だった。

しかも10年後のまったく同じ日に、同じ場所だったって事…

実は**さんは10年程前にその派出所に勤務していた。

その日、**さんもそこに居た。

そして、**さんが20分程席を外した間に、一緒に勤務していた後輩が拳銃で頭を撃ち抜き、自殺。

当然遺書など書いてはいない。
その人も自殺など考える様な悩みも無く、見合いで知り合った彼女と結婚間近の幸せな時だったらしい。

**さんが所用から帰って来た時には、完全に事切れていたって話だった。

その事件があってからしばらくして、その派出所は撤去され、長い間空き地になっていた。

今では某地方銀行のATMの駐車場になり、当時の面影はまったく無くなっている。

事件の夜、ツレの爺さんが俺達に言っていた事が忘れられない…

「あそこはなぁ昔、真裏にある神社の境内やったんや。それを戦後潰して、道を作った。たぶん神さんの通り道やったんやろうなぁ。世の中には触ったらいかんもんは、ようけある。」

 

 - 怖い話/怪談 , ,