アクセスランキング

【怖い話】ついででもお供え物をすれば…ドヤ顔の幽霊の手助け

   

怖いんだか怖くないんだかあれなんだけど貴重な体験だったんで書いていく。
俺はいっつも婆さんの墓参りに行く際に好きだった栗饅頭やチョコ饅頭を購入して墓にお供えするんだけど隣にコケの生えた物凄く古い墓があって線香もお供え物も無いから可哀想で余った饅頭を一つお供えしてあげたりしてた

んで問題はここから先の話。

3年くらい前に金縛りに悩まされていた

仕事のストレスもあったんだろうけどボロアパートで就寝中

決まって現れる

赤い着物でおかっぱで白目の女の幽霊みたいなのが

寝てる俺の周りをグルグル歩き回っ他後に首を絞められ金縛りにあう。
そんな夢を週三回くらいのペースで見るようになり寝るのが怖くなるほどだった。

上司や先輩に最近無理しすぎだから休めと言われ4日くらい休日を貰った。
それくらいやつれてたっぽい。

金縛りの原因ってなんだろうなぁと思ってぴんときたのが隣の墓へのお供え物の件かなと思った。

もしかしたら墓に眠ってる幽霊が余計な事すんなって怒って俺の首しめてるのかな…と

もし金縛りが続くようなら隣のお墓へのお供えは控えようと思った矢先に再び就寝中に金縛り。
相変わらず赤い着物を着ておかっぱの幽霊がにたにたしながら俺の首を絞めてくる
怖いし不気味だし悲鳴を上げようにも声がでない…
ぼそぼそと良くわからないことを喋り続け俺は引きつってそれを耐えるだけ…

そして仕舞いに髪が長くて白い着物をきた幽霊まで現れた




何なんだこりゃ…と思った直後白い着物を着た幽霊が凄い形相でおかっぱの幽霊に蹴りをかまし吹っ飛ばされた。

蹴飛ばされたおかっぱの幽霊は白い着物の幽霊の形相におびえた表情をしてふわっと姿を消す
怯えてる俺を見下ろし、今度は俺の番なのか…とか思った直後

その女の幽霊はどや顔で親指をびしっと立て、2、3回頷いて消えていった。

起きると嫌な感覚はなく汗もかいてなかった。
そしてそれからあまり金縛りにあわなくなる…

で何週間かたって再び金縛りになりかかった。

再びおかっぱの赤い着物の幽霊がぐるぐる…
またか…もうやだ…みたいな恐怖感に襲われるもおかっぱの幽霊の表情が一気に怯えたものへと変貌した。

見上げると俺のソファに腕を組みながら座っている白い着物の幽霊

相変わらず凄い形相でおかっぱ幽霊を睨み付ける

降参したかのようにおかっぱ幽霊は姿を消し、再びどや顔で親指をびしっと立てながら白い着物の幽霊は姿を消した。
その際にうっすら見えたのが、どや顔で笑っている幽霊の口元に饅頭の食べかすみたいなのがこびりついていた事…

あれ依頼金縛りにあわなくなった…

そして今でも婆さんの隣の墓へのお供え物のお裾分けは欠かさず行っている

そんな怖いか怖くないか微妙な話でした…




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , ,