アクセスランキング

【怖い話】ちくわの臭いの正体は…

      2019/02/16

私が中学生のときの音楽のM先生は、若くて小柄でさっぱりした感じの女性だった。

臨時採用だったのか半年くらいしかいなかったけど、授業中に時々怖い話をしてくれた。

宜○愛子に書道を習っていたとかも言ってた。

実際宜○愛子の住んでる横浜の学校だったし、別に怖い内容ではなくて、先生は、宜○さんは昔から霊感があったけど、ある時期からテレビに出始めて、忙しくなったから書道教室をやめたとかいうようなことを言ってた。

話を戻して、そんな先生がしてくれて一番印象に残っている話をします。

先生が小学生だったころ、夏休みを目前に控えた時期。

学校のどこからか、変な臭いがするようになった。

当初臭いは大したことなかったのでみんな全然気にしていなかったけど、徐々にその臭いは強さを増し始めた。

それはちくわの臭いだった。

なぜだろう、学校のどこにいてもちくわの臭いがする。

教師たちもさすがに動揺し始め、なぜちくわの臭いがするのかを調べ始めた。




まもなく夏休みに入り、子どもたちが学校にいないうちに、給食室を調べることになった。

食品を保管している大きな冷蔵庫を調べるとちくわがあったので、それを処分することにしたが、別にそのちくわは普通のものと変わらず、凄い臭いを発しているわけではなかった。

仕方がないので、給食室に加え衛生的な面を考えてトイレを、業者を入れて徹底的に消毒することにした。

夏休みがあけると、ちくわ臭はひどくなっていた。

子どもたちはうわさでちくわ処分や消毒の話を聞いていたから、臭いはなくなっているものだと思っていたのだ。

ある日の昼休み、グラウンドでサッカーをしている生徒が、転がってしまったボールを追いかけて学校脇の竹やぶに入っていった。

するとそこに

人の腐乱死体

があった。

そして、強烈なちくわの臭いが、あたりに充満していた………




 

 - 猟奇的な話 , ,