アクセスランキング

【怖い話】だんだん浮かび上がってくる!?

   

友人の話。

学生時代、キャンプに参加した時のこと。

そのキャンプ場には小さな汲み取りのトイレがあった。

夕食後、腹具合が悪くなった彼女は用を足しに入ったという。

無事に一大事を終え一息ついていると、急に背筋に寒気が走った。

覗かれている!?

慌てて周りを見回すと、右手の壁に不気味な物を見つけてしまった。

血走った目玉が、壁の表面に浮かんで彼女を見つめている。

気がつくと、トイレ中の壁に目玉の群が出現していた。




急いでポケットティッシュを取り出し使用する。

そうこうしている間にも、左手の壁には鼻が浮かび上がってきた。

匂いを嗅ぐようにクンクン音を立て始める。

慌しくティッシュを収め、下着を上げにかかる。

すると、目の前の壁に新たに浮き出したものがある。

大きな真っ赤な唇だった。

分厚い舌が下品に突き出されて、上下の唇をつつっと舐め始めた。

もう限界だった。

ズボンを上げながら飛び出してきた彼女の姿に、皆言葉を失ったという。

開け放たれたドアの内側には、何も変わったところは見受けられなかったそうだ。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,