アクセスランキング

【怖い話】ずっと見ていた…

   

ある男が友人との飲み会の帰りにある公園を歩いていたそうです(仮に、男の名前はA、公園の名前はB公園としておきます)。

ちょうど公園の中腹にさしかかった辺りで、背後から

「カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ」

という音がしてきました。

不気味な感じがし振り向くと、髪の長い、出刃包丁を持った女がピッタリとくっついてきます。

何故かその女は、しきりに歯を鳴らしていました(カチカチ…はこの音)。

怖くなったAさんはちょうど近くにある電気のついた公衆トイレに走りました。

ホームレスなどに助けを求めようとしたのです。

しかしAさんが走るのと同時に、女の「カチカチ…」は決して耳から遠ざかっていきません(女も走っている)。

やっとのことで、トイレにはたどり着きましたが誰もいませんでした。

追い詰められたAさんは、個室トイレの右から4番目に隠れました。

その個室トイレは天井近くに換気用の窓があります。

恐怖のあまり震えるAさんですが、10分たっても20分たっても女のいる気配はしませんでした。

そして腕時計の針が2時45分辺りをさしたとき、猛烈な眠気が襲ってきました。

酒が入っていた事と極度の緊張のせいです。

そのままAさんは眠ってしまいました。

2日後、新聞を読んだAさんは恐怖に凍りつきました。

その記事の名は

「出刃包丁を持った女、警察官切りつけ逮捕」

内容は、昨晩3時ごろB公園のトイレの個室の窓をのぞいていた女に、夜勤パトロール中の警察官が声をかけたところ切り付けてきた、とゆうものでした。

あの女は、換気窓からずっとAさんを見ていたのです。

 

 - 猟奇的な話 , , ,