アクセスランキング

【怖い話】すりガラス戸の向こうに見慣れない影

   

子供の頃の話なんだけど俺は鍵っ子で、その日も一人で家にいた。

一階の居間でテレビ見てた。

そしたら二階で誰かが歩いてるような音がした。

俺は別に怖いとか思わなくて、テレビ見てた。

そしたら足音が階段を降り始めたのがわかった。

一歩一歩踏みしめるようにドン、ドンって。

その時になってやっと俺も怖くなってきた。

足音は一階に降りるとゆっくりと廊下を歩いて居間の前まで来たのがわかった。

俺は居間の戸の方を見た。

居間の戸はすりガラスになってたんだけど、その向こうに黒い影が立ってるのがわかった。

細長い影で、頭が異常に長くて、夕暮れ時の人の影みたいだった。

ただ口の部分だけはっきり唇があるのが見えてそれがパクパク動いてた。

声は聞こえないけど何か喋ってるみたいだった。




そこから記憶が無くて、気がついたら両親が帰ってきてて、俺に
「誰か来たか?」

と聞いてる。

俺は意識がもうろうとして何も言えないでいた。

両親は

「なんで〇〇(俺の名前)しかいない時に来たのかなぁ」

なんて言ってた。

まるであの影のことを知ってるようだった。

それから数年後に両親とも病気で死んだので、結局その影の正体は聞けずじまいだった。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,