アクセスランキング

【怖い話】すみすみすみ

   

自分が小学校1・2年だったときの話。

学校に申し込み制の学童みたいな教室があって、放課後、いつもその教室に行って、漫画読んだり遊んだりしてた。

その教室にはおばちゃんが2人いて、夏だったかわからないけどいろいろ怖い話をしてくれた。

そして片方のおばちゃんがこんな話をしてくれた。

もう結構前のことなのに、この話を覚えてるぐらいだから当時は結構ビビってたはず。

あるところにスゴく内気な女の子がいた。

その子はなぜか隅っこが好きで、いつも部屋の隅にいた。

あまりに部屋の隅っこばかりに居るので、見かねたその女の子のお母さんがその女の子の部屋を四角い形から、隅の無い丸い部屋にした。

そうすれば、その子の隅好きが治ると思ったから。

しかし相変わらず、その子の隅好きは治らず、もうどうしようもなくなったお母さんは

その子を丸い部屋の扉に鍵をかけて閉じ込めてしまった。

その子は毎日毎日苦しそうに

「出して~、出して~、隅っこ行かせて~」

と唸っていたそうだ。

お母さんはそれでも部屋から出さずに、ご飯は扉に付いている窓のようなところから入れてあげていたが、その子は全然食べなかった。

そんな生活を続けていたある日、その子の部屋からはいつもの声は聞こえなかった。

不審に思ったお母さんはその子の部屋を見てみると、




中で女の子が死んでいた。

壁中、引っかいた跡やら何やらで、死んでいた女の子の爪は剥がれていたそうだ。

そして壁には引っかいた跡と一緒に

「すみすみすみ」

と書かれていたそうだ。





 

 - 怖い話/怪談, 猟奇的な話 ,