アクセスランキング

【怖い話】しゃべってはいけない戒めがある山

   

私が小さい頃の話です。

ある晴れた日。

じいさまは私を連れて、裏山へ山菜取りに行きました。

鋪装された道が終わり、もう少し奥へ入ったところに、ひょろっとした杉の木が道の脇に生えています。

じいさまは、その杉の木の根元に、コップに入った酒を置きました。

その杉の木も、ちょうどいい具合に根元がコップが置けるよう窪んでいました。

そして、酒を置いて、じいさまは私にこう言いました。

「山では喋ってはいけない。喋るとバケモノがきて、お前を喰ってしまうぞ」

じいさまが恐い顔で言うので、私は言う事を聞いて、黙々と山菜取りをしていました。

しかし子供のこと、時間が経つにつれ、山菜とりに飽きてきた私は、小川のようなところでイモリを見つけました。

そして、すっかり戒めのことを忘れていたのです。

「じいちゃん。こんなところにイモリがいる」

私がそう言った瞬間、まるで、時間が止まったかのようでした。

辺に音が全く無くなってしまったのです。

風の音、鳥の声、何も聞こえません。

私は訳も分からず、立ちつくしていました。

一拍おいて、何が起こったのか察したじいさまは、物凄い勢いで私を小脇に抱えると、ふもとを目指して走り出しました。

走り出して間もなく音が戻ってきました。

戻ってきたと言うよりも、追ってきた、と言ったほうが正しいかも知れません。

ザワザワザワザワザワザワ。

薮を渡る風の音を何十倍にも大きくしたような音でした。

それが、どんどん近付いてくるのです。

音の正体が知りたかった私は、じいさまの腕にしがみつき、無理矢理首をねじって後ろを振り返りました。




最初、道が消えているように見えました。

薮が押し寄せてきている?

違うのです。

薮のように見える、「なにか大きなけむくじゃらのもの」が、押し寄せているのです。

私は無闇に恐くなり泣き出してしまいました。

じいさまは何も言わず走り続けます。

ザワザワザワザワザワザワ。

私達が、その何ものかに追い付かれようという時、急に視界が開け、青空が見えました。

私の記憶は、そこで終わっています。

気がつくと私は家にいました。

じいさまもいましたが、私はなんとなくその事を口にしてはいけないような気がして、二十数年経ってしまいました。

しかし、「ヨウコウ」と違い、うちのじいさまは、それから間もなく死ぬなどということもなく、そんな事があったにも拘らず、また、山へ入り山菜取りをしていました(勿論、コップ酒を持って)。

この日を境に、何故か私は「毛虫」が異常に嫌いになり、山へ入る事をしなくなりました。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , , ,