アクセスランキング

【怖い話】いないはずの兄

   

私は両親共働きの一人っ子、その上気の弱い方でなかなか友達は出来ずいつも一人で室内遊びばかりしている様な子どもでした。

寂しいのもあり、やはり兄弟と言う物に憧れいつも理想のお兄ちゃん像を思い浮かべながら

ままごとをしていた私はだんだんとままごとだけでなく、一人公園で遊ぶ時も夕飯を食べているときでも空想の兄を登場させては会話をするようになっていました。

気味悪がった親は辞めさせようとしたけれどもその癖はなかなか直らなかったそうです。

しかし私も大きくなり次第に社交的にもなりました。

そんな私も大人になり、今では4つになる娘とおなかの中に赤ちゃんがいます。

私が妊娠する前まで兄弟をしきりに欲しがっていた娘がパタリと兄弟の話をしなくなったので

「Mちゃんは妹と弟どっちだと思う?」

と私から話しかけてみると

「お兄ちゃん」

と言いいました。

兄と弟の意味を間違えたのだと思い




「Mちゃんの次に生まれて来るんだから弟って言うのよ」

と教えると娘はムっとして

「違うよママのお兄ちゃんがお腹に入っているんだよ、ママのおなかに入る前まで一緒に遊んでたんだ」

と言いだした、私は幼い頃の自分を思いだし、この子も寂しかったのだろうと解釈していると娘が

「ひろしお兄ちゃんいつもママを睨んでたよ」

ぞわっと鳥肌が立ちました。

私の想像の兄の名前もひろしでした。

母に流産などの経験は無く、ひろしお兄ちゃんは確かに私の空想でした。

ワケがわからないまま私は不安の中でお腹を抱えています。





 

 - 超常現象 ,