アクセスランキング

【怖い話】いくつもの無表情な顔

      2018/11/16

友人の話。

山中の曲がりくねった県道に、バスが廃棄されてある場所がある。

幽霊が出ると噂されていたが、友人はまったく信じていなかった。

彼は棄てたバス会社をよく知っていたし、そのバス自体が事故など何も起こしていないというのだ。

そこで彼は仲間と深夜の肝試しに出かけたのだという。

バス内を荒らしまくったが、予想通り何も出ない。

さて帰ろうと、バスの外に出た時。




ぼろぼろのバスの上から、いくつもの無表情な顔が彼らを見下ろしていた。

慌ててその場から逃げ帰ったという。

後日調べると、バスのすぐ上の尾根にため池があり、そこで何人かが入水自殺をしていたことが分かった。

それって一種の引っ掛けだよなあ。

彼はいまだにそう言ってぼやいている。





 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , , ,