アクセスランキング

【怖い話】】下がれ!逃げろ!

   

これは友人が体験した話。

そのとき私も近くに居たんだけど話を聞くだけで全くかかわりなしだった。

まだ学生だったころ、休みの日や講義をサボった日などにバス釣りばかりしていた時期があった。

近くには、今ではバス釣りのメッカとも呼ばれるような湖もあったが、当時、我々はもっぱら近くの川がメインだった(意外に知られていないがバスは川でも釣れるのだ)。

その時釣りをしていたのはかなり幅の狭い川で、ちょっと勢いをつければ簡単に向こう岸にルアーが届いてしまうくらいの川だった。

川とはいえ実績があり人気のあるポイントというものはあって、我々が釣っていた場所も橋がすぐそばにあることもあって、左岸右岸ともにすでに数人が入っていた。

左岸右岸というのは上流から見て左を左岸、右を右岸と決まっている。

下流から見たら右が左岸、左が右岸となる。

適当に対岸正面に人がこないように場所を取り、自分のいる側の岸近く、ついで正面の対岸とルアーで狙いながら少しづつ移動していく。

ここからは後で聞いた話になる。

ちょうどロッド交換かなんかで、車に戻っていたため直接は見ていないためだ。

友人はあちこち釣りながら移動していたため、たまたま対岸の二人組の釣り人の正面に近づいてしまった。

そのため、また元来た場所に引き返そうかと思いながら、引いてきたルアーを水面から抜きあげたそのとき。

対岸の二人組みがこっちに向かって騒ぎ出した。

「うわーっ!!!!」

「おいっ、そこそこそこ!!!」

友人に向かって指を指しながら大声で騒いでいる。

指はこちらの足元を指しているらしい。

友人はとんでもないデカバスでもいて、対岸の連中がそれを教えてくれてるのかと思いそれらしい場所を探そうとした。

自分の足元は葦や水草で意外と水面が見えないものだ。

すると対岸から

「うわっ、行くな行くな!!」

「下がれ!逃げろ!」

(逃げろ…?)

(…あーーー、そうか!マムシでもいるのか)

と思った友人は、マムシではかなわんと思い岸辺を離れ、土手の上に上がってきた。

ところが、対岸の二人組までもが大慌てで土手に駆け上がり、こちらに向かって走り出した。

表情が尋常でない。

(いったい何なんだ?)合流した友人と私は、こけつまろびつといった態の彼らが我々の元に合流してくるのを待った。

「あんた!さっきの見た?!」

「化けもんだよ化けもん!!」

二人組みは顔が真っ青だった。

しきりに元いた下流方向を気にしている。

二人の話によると、友人が釣っていた場所近く、葦の茂みの手前(川側)2m位の所にボコッと波紋が立ったのだそうだ。

(ん?)と思って対岸を見ると、バレーボール程の何か黒いものが水中からヌッと現れ、2人の見てる前でそれはゆっくりと回転し始めたという。

最初は、捨てられて苔などで真っ黒になったボールに、水草が絡んだ物のように見えていたが回転するにしたがって、それが人の顔を持っていることがあらわになった。

長くボサボサの髪の毛らしきものがまとわり付くそれは、真っ黒でどろどろぬらぬらした人の頭で、うつろに虚空をさまよう目だけが白かったという。

顔がちょうど岸のほうを向いたとき、すぅーっと1mほど岸に向かって移動しざま水中に消えたのだそうだ。

その方向に釣り人(友人)がいたため大声で知らせたものらしい。

大慌てでそれだけ言うと、東京からきたという彼らは釣りを引き揚げて帰っていった。

無論我々もあまりに気持ち悪いのですぐに引き揚げた。

我々自身は何一つ怖い思いをしていない、ちょっと気持ちの悪い話を聞かされただけだが。

それでもそれ以来、2度とその場所には立ち寄らなくなった。

バスではかなり名の知られた湖沼に注ぐ川での話である。

 

 - 怖い話/怪談 ,