アクセスランキング

【怖い体験談】事故被害者の呪い

   

ちょっとものすごく怖い体験をしたのでここに書かせていただきます。

僕は今イギリスに住んでます。

僕が勤めてる会社は大道路(対抗4車線?)に面しているのですが、先週の月曜日事故がありました。

バイクとトラックの事故で、併走してた2台がトラックの見誤りで巻き込んだ事故でした。

仕事中

「ギャリギャリ!!ギャ―――ン」

というすごい音がしたので顔を上げてみたら(窓がわに机があったので)、目に映ったのはヘルメット。

次の瞬間、会社の表窓ガラスを突き破って、バイクの人が飛び込んできました。

厳密にいえば頭の部分でした。

悲惨な事故で、バイクが巻き込まれたため、体はばらばら、折れたバイクの隙間に腕が入ってたくらいでした。

女子社員は(男も)生首を見て気を失う人が続出する中、一番近い位置にいた僕は状況が飲み込めず、ボーっとしてました。

幸い僕に怪我はなかったのですが、警察は来るし、証言はしなきゃならないし…つたない英語での説明をして、やっと家に帰れることになったんです。

その夜、僕はショックでなかなか寝付けず、気を紛らわすために仕事をしようかとかばんを開けたら…

鞄の中にピンクの肉片(結構大きかった)が鞄に入ってたんです。

警察がきたときに一応すべてみたはずなのですが、入ってました。

1人暮らしのため、だらしない話ですが怖くて警察を呼びました。

警察に事情を説明し鞄ごと(必要書類以外)渡し、その夜は警察の仮眠室に泊めてもらいました。

火曜日、水曜日とそのことで会社もごたごたしてたのですが木曜日くらいには落ち着きだし、金曜日に会議を開くくらい通常になるはずだったのですが…

僕が担当企画説明してると、会議中なのにざわざわするんです。

最初なんでみんながザワザワしてるのかわからなかったのですが同僚の一人が僕を指差して、

「なあ、君が手に持ってる企画書に何かついてない?」

はっ?

と思って裏返してみると、

爪?…というか爪のあたりの破片がついてたんです。

でも、鞄は警察に渡したし、企画書はその後に書いたものなのに…どうしてなのかわかりません。

どうしてそんなことが起きたかわからないため逆に錯乱状態になりました。

結局、昨日からカウンセリングを受けています。

何かをあけるとき、取り出すとき、肉片が一緒に出てくる気がして…

カウンセラーのアドバイスに、いろんな人に話して恐怖とトラウマを薄めなさいといわれたのでここに書かせていただきました。

ちょっとまだ、最近のことなので支離滅裂、文も錯乱してるとは思いますが、当の本人も納得がいかないし、かばんを開けたときの肉片と、企画書の裏についてた指…が忘れられないです。

鞄はまあ偶然入ったものだと思うのですが、企画書の奴は…

こういう呪いってあるのでしょうか?

カウンセラーは忘れなさいというけども…怖くて…

 

 - 怖い話/怪談, 猟奇的な話 , , ,