アクセスランキング

【怖いドラマ】高い電気代

      2016/05/26

今から20年くらい前に夜の2時間ドラマであった話。

ある新婚夫婦がマイホーム購入の為、不動産屋を訪ねたところ、敷地や状態のワリには格安の物件を見つけ購入する。

そこは古い和風屋敷の一軒家で、値段とは釣り合わない良条件の為、腑に落ちないところもあったが、やがては慣れて夫婦ともにその家に落ち着く。

一年ほどたった頃、妻がふと、電気代の領収書がおかしい事に気付く。

合計料金が高いのだ。

季節は夏だったが、風通しも良い日本家屋の為にクーラー等もいらず、なおかつ自分自身もかなり気をつけて節電していたはずだった。

妻は電気会社に文句を言い、電気会社は当社の計算に間違いは無い筈です、と、つっぱねる為に、結局は後日に職員が確認に来るという事になった。

真夏の昼間に来た職員は、二人掛かりで汗だくになって全ての電線コードを調べるが、どこにも異常は見つからない。

妻も渋々に納得し、職員も帰り支度を始めた時にもう一人の職員が、茶の間を通る一本のコードが途中で二つに分かれているのに気付く。

再び調べにかかった職員は、そのコードが茶の間の床下に続いているのを見て、妻の承諾を得て畳を引き剥がし、床下を確認する。

しかし床下から伸びたコードは土中にまで続いており、異常を感じた職員達は仕方なく、シャベルを借りて掘り起こし始めた。

「なんじゃこりゃ。土ん中に冷蔵庫が埋まっとる!」

驚いた妻と職員達は、とにかくその古い冷蔵庫を、土だらけになった茶の間に引っぱり上げ、その扉を開けた。

扉を開けた妻は絶叫して腰を抜かし、職員達は庭へ走りゲーゲー吐いた。

冷蔵庫の中には凍りついた若い女性の裸の死体があった。

長く凍った髪の毛は内壁に張り付いてざんばらにひろがっており、その顔は恨めしそうに外を見やっていた。

 

 - 猟奇的な話 ,