アクセスランキング

【妖怪の話】「会いたい」階段の上にいるお母さん

   

確か漫画かなんかで読んだ話。

男の子(確かちひろ?という名前)のお母さんが死んじゃって、ちひろはすごいショックを受けるが、立ち直って父親も安心し、月日は過ぎる。

だけど、ちひろはお母さんのことを一日だって忘れたことは無かった。

机の上には、自分で書いたお母さんの似顔絵と、「会いたい」という文字。

で、ちひろが「ひとめみるだけでいい」というと

「あわせてやろう」

という声が。

後ろを振り向くと、妖怪みたいなのが立ってて

「お前があんまりにもかわいそうだから、お母さんにひとめだけあわせてやろう」

といった。

そしてその妖怪はちひろを迷路のように複雑な道を通り、ある家に連れて行く。

ちひろは

「こんなところにいるの?」

とたずねる。

すると、妖怪は

「ああ。だが、ひとめ見るだけだぞ。そうしたらもうお母さんのことは忘れろ」

といった。

そしてその家の中にちひろ1人で入っていくことになる。

妖怪は、

「階段の上の蓋を少し開けて、大きな声でお母さんと呼べ」

という。

ちひろは階段をのぼっていき、天井のふたを少しあけ

「お母さん!」

と呼ぶと、あけた蓋の隙間からお母さんの顔が見える。

話を少しした後あの妖怪から

「すぐにもどってこい」

といわれ、さよならをいう。

そしてその妖怪から

「もうお母さんのことは忘れるんだ」

といわれる。

だが、ちひろのお母さんに会いたいという思いは強くなっていく。

妖怪を呼び

「もう一度だけあわせて。こんどこそ本当に忘れるから」

という。

またあの複雑な道を行く。

そのときちひろは、こっそり道しるべとなるしるしをつけておく。

そしてもう一度お母さんと会う。

「ちひろ!」

「ぼく、おかあさんといっしょにいたい!」

なかなか降りてこないちひろを不信に思って妖怪は階段に行く。

すると、ちひろはお母さんの所へ行こうと、天井の蓋をほぼ全開にして天井へ行く所だった。

妖怪は急いでそれを引き離し

「もう二度とお前を連れてこない」

という。

やがてちひろからは、死人のような臭いがしてくるようになる。

だが、ちひろは何も感じない。




その夜に、妖怪はちひろのことが気になり、家にいってみるが、ちひろはいない。

どうやら、あの家に1人で行ったらしい。

案の定、ちひろはあの家の階段をのぼり、二階へと続く天井の蓋を開け、二階(天井)に行く。

二階のうえは原っぱになっていた。

やがてお母さんを見つける。

「おかあさん!」

「ちひろ!ここはあなたの来る所じゃないのよ。もう二度とあなたとはなれることができなくなるわ」

「ぼく、ずっとここにいておかあさんといる!」

「それはいけないわ。お父さんが悲しむもの」

「じゃあ、おかあさんがぼくといっしょにくればいいんだよ」

「それはできないわ…」

「どうして!おかあさんはぼくのことが好きなんでしょう」

「おかあさんは死んだ人なのよ」

「どうでもいいよ。マッチを持ってきたから、ぼくたちが外に出たら家に火をつけて燃やして戻れなくすればいいんだ!」

そして、ちひろはお母さんを連れて階段をおりていく。

そしてマッチで家に火をつけ、2人で逃げていく。

だが、家から出ると、お母さんの体はぼろぼろになり、あちこちの肉が腐りところどころ骨が見えていた。

ちひろは驚き、振り払おうとするが、お母さんだったものは意味不明な言葉をいいながらちひろに抱きついてくる。

「助けて!」

とちひろがいうと、あの妖怪が現れ、お母さんだったものを棒でぼこぼこに叩き、ちひろを助ける。

その死人は、ふらふらとあの家に戻っていき、動かなくなり、家と燃えた。

その日から、ちひろの心から何かが消えた。

「みなければよかった…あんなもの…」

妖怪も

「見せなければよかった」

といいながら、またどこかへ行ってしまう。

という話でした。

絵が以上にリアルだったので小学生のころ読んだのが今でも記憶に残ってる。




 

 - オカルト, 怖い話/怪談 ,