アクセスランキング

【呪いの話】ここにいたあ

   

田舎の墓参りに行ってきた。

毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった。

寺には一族郎党が集まり、仲の良いいとこのDもきていた。お経も終わり、墓参りも終わって寺の座敷でみんなくつろいでいたとき、俺は東京のことをいろいろ聞かれて、うざいなあと思いつつ受け答えしてた。

見ると、Dの奴がなにか元気ない。

どうしたのかと思い、話し掛けると、Dはこんな話しをした。

昨晩Dが寝ていると、なにか布団のまわりで気配がする。

目をあけると、寝ている自分のまわりを何者かが、グルグルと回っている。

びっくりしたDが目をこらしてよく見ると、鬼みたいのが小走りに回っていたそうだ。

Dは金縛りにあい、声も出ない。

しばらく、恐怖に凍りついていると、頭の左側にお坊さんがふたり座っていて、お経をとなえている。

すると、走り回っていた鬼がピタッととまり、Dをまたいで

「ここにいたあ、ここにいたあ」

と言って、覆い被さってこようとした。

「ぎゃーーーっ!」

翌日、つまり墓参りの日の朝に目がさめて、あれは夢だったのかどうかわからないが、自分としては、まちがいなく現実だと思う、といった。

俺はちょっと薄気味悪く思ったが、「夢なんじゃない?」とかいっていた。

そうしているうちに、座敷にはお坊さんも参加してお酒とか飲んで盛り上がっていた。

俺も参加し始めて、しばらく飲んでいた。

すると、ちょっと顔を赤くしたお坊さんが、すーっとDに近寄って

「申し訳ないが、どうしようもない…」

と両肩に手を置いてシクシクと泣き出した。

突然のことにみんな驚いたが、酔っ払ったんだろうということで、その日はお開きになった。

その日、俺は実家に泊まり、翌日にはバイトがあったので東京に帰ってきた。

バイトが終わり部屋に帰ると、留守電に母親の声でDが亡くなったから、電話くれと入っていた。

パニックになりながらも電話すると、その日にDが部屋で突然倒れ、病院に着く前に死んだということだった。

脳内出血だろうとのこと。

翌朝一番でまた田舎に帰ると、驚くべきことに昨日の深夜に

あの寺のお坊さんも亡くなったということだった。

こちらは心筋梗塞。

なんでまた…と思ったが、両親たちも「呼ばれたのかも」とかなんとかいっていたが、俺にはDがいっていた話しがどうにも気になってしょうがない。

お坊さんもいない今、何かの因縁なのかどうか、聞くことはできないが、調べてみようかとも思っている。

さっき東京にもどってきたが、今、ネットとかでいろいろ調べてます。

 

 - 怖い話/怪談 , , ,