アクセスランキング

【列車事故の怖い話】親友との別れ

   

ドリカム状態?仲が良過ぎる恋のライバル

友人から聞いた話です。

友人(以下K太とします)が高校一年の頃、クラスに好きな女の子が出来たそうです。

しかし、間の悪い事にK太の親友Tも彼女を好きになり、所謂三角関係というものが、繰り広げられたそうです。

といっても、それは

「彼女がどっちを選んでも恨みっこ無しな!」

という、割と爽やかなものだったそうで、側から見るとそれは、当時流行っていた“ドリカム状態”とでも言うべきものだったらしいです。

そんな状態のまま、季節は夏に突入しました。

その頃K太は、バイト先の一つ上の女の子と仲良くなり、付き合う事になりました。

そしてTや彼女(同級生の方)と四人でWデートの様に海や遊園地に行ったりする様になりました。

そこでK太とK太の彼女は、Tと彼女をくっ付けようという事になり、元々K太をやや差し置いて意識し合っていた二人はめでたく付き合う事になりました。

Tは照れながらもK太に何度も礼を言ったらしいです。

そして本当の意味でのWデートの一発目は秩父だか何処かその辺りでのバーベキューだったそうです。

Tは幸せペナルティーとして一番重い荷物を持たされましたが、(全員高校生なので、電車で行ったそうです)終始笑顔を絶やさず、彼女も嬉しそうで、とても楽しい一日だったそうです。

4人のWデートはたった一度で終わってしまった

しかし四人のWデートはこの日が最初で最後となりました。

Tが電車にはねられ亡くなったのです。

彼等の高校のあった街は、JRと私鉄が同じ駅を共有していて線路が何本もあり、しかも回送の電車とかが駅付近の踏切に止まっていたりして見通しも悪く、一度踏切が降りるとなかなか開かないんです。

Tはその日部活で学校へ向かったんですが、おそらく踏切でつかまり、急いでいたので踏切を乗り越えて渡ろうとし、死角から来た電車にはねられたのだろうとの事でした。

K太は呆然としてとにかくTの彼女に電話したそうです。

でも泣きじゃくる彼女にかける言葉も無く、K太にしたところで親友を亡くした訳で、まだ高校生だったK太に他人の事まで思いやれる余裕も無く、それからお通夜の日までTの彼女には連絡しなかったそうです。

お通夜の日…まだ夏休みだったのですが、クラスのほとんどが出席し先生達も駆けつけ、涙の中執り行なわれたそうです。

もちろんK太も出席しました。Tの彼女はもう泣いては居ず、ただぼ~っと座っていたそうです。

「無理も無いか…付き合い始めたばっかりの一番楽しい時期だったもんな…」

とK太は思い、ただ黙って彼女のところに行き、隣に座りました。

彼女はチラッとK太を見て、それから肩が震え出しました。

K太は黙って肩を抱いてあげるのが精一杯だったそうです。

お葬式で見た"目"

やがて献花の時間がやってきて、友達や先生が次々に立ち上がり、白い花を棺の中のTに手向け始めました。

K太も彼女を支えながら献花の列に並びました。

そして、彼女の番が来て彼女はTの棺に花と手紙を入れ、じっと顔を見つめ、席に戻りました。

次はK太の番です。

Tは電車事故で死んだ為、K太はある程度の覚悟はして、Tと対面しました。

しかし、電車が駅に入る為速度を落としていたからか、Tはバラバラにならず、五体満足?で横たわっていました。顔も傷は無く綺麗でした。

そう、そこにいるのは生前と変わらぬTに思えたそうです。

それを見てK太は急に涙が溢れてきて止まらなくなったそうです。

「T…!」
「T…!」
「彼女や俺を残して死にやがって…!」
「返事しろよ…!」
「オマエ、まるで生きてるみたいなのに…!」

……
…ん?
生きてる…みたい…?

K太ははっと気付いてTの顔を見ました。

そうです。

いままで興奮して気付かなかったけれど、目が開いてる…!Tの目が開いてるのです。

そして、K太をじっと見つめているのです。

といっても生き返った訳ではなく、ただTの目が開き、焦点がピタリとK太に合っているのです。

不思議に思いながらも後が並んでるので、K太は棺を後にしました。

解剖されていた遺体

K太は実はお通夜や葬式に出た事が無かった為、そういうものなのか、と一瞬思いかけたそうですが、流石におかしいと思い、Tの彼女に聞くのも憚られるので、献花の終わった友達をつかまえて聞いてみたそうです。

「あのさ、T、目開けてたけどなんでだろうな?」

すると友達は怪訝な顔で言ったそうです。

「お前何言ってんだ?目なんか開いてね‐よ!」

「いや、だって現に開いてたぜ?」

「閉じてたって!」

するとこの話を聞いていた他の友達が言いました。

「Tは電車の事故で死んだろ?それって変死扱いになるから司法解剖しなきゃいけないんだよ。それで終わると体の穴には詰め物をしてそして…目と口は縫い付けるんだよ…

だから…」

何時の間にか献花は終わっていましたが、K太はダッシュで棺まで戻り、もう一度だけ、とお願いしてTの顔を見せてもらったそうです。

そこには、鼻と耳に白い詰め物をし、口と目を黒い糸で縫い合わせたTが静かに眠っていたそうです。

 

 - 猟奇的な話 ,