アクセスランキング

【不気味な話】A子がらみの不可思議なこと

      2016/07/23

小学校6年の時の体育の時間、肌寒いのにプールだった。

一度は水着に着替えて行ったんだけど、風邪気味ってこともあって、先生にことわって教室に戻ってきた。

教室に同じクラスのA子がいた。

何かやっている。

私のことは気が付いてないようで、ブツブツ言ってる。

それも、自分の席ではない男子の席の前で、かがみながら。

「ねえ、、」

と言ったら、ビクッとして睨み付けられたので、

「何やってるの?そこはB君の席なんじゃ?」

と言ってしまった。

Bは比較的仲良いやつだったんで、余計に気になったのもあって。

A子は無言のまま、教室を出て行きその日は早退してしまった。




その後に、いろいろと気味の悪い事があったんだけど、ちょっと省略。

一番不可思議だったのは、体操着がなくなって探していたら、トイレのモップ洗いのところにびちゃびちゃに濡れてあった。

泣きながら、職員室に行き先生に報告した後に、A子が

「ありましたー」

と袋に入った元のまんまの体操着を持ってきた。

急いでトイレに戻ると、そこには何にもない。

まわりもビチャビチャだったはずなのに、濡れてない。

なによりも、しっかり名前まで確認した(母の字)のゼッケンも濡れていた。

袋から出すと、さっきの体操着が乾いて出てきた。

時間にして、10分くらいだよ?

皆に

「頭、大丈夫?」

と言われ、しばらくマジでおかしくなりそうだった。

他にも、いくつかあったけど未だに不可思議。

卒業以来、A子にも会ってないし、同窓会も出ていない。怖くて。




 

 - オカルト, 超常現象 ,