アクセスランキング

【ゾッとする話】鍋でぐつぐつ煮えていたのは…

      2019/04/06

ガッコ行く途中の公園にたむろってるホームレス。

俺はダチとそこを通るたびにチラッと見るのがなんか癖になってて、その日もボロイ椅子に座ってたが、いつもと違ったのは、何かをちっこいナベで煮ていた。

「寒いからなーナマじゃつらいんだろw」

「よく燃料あったなー放火しねーだろなw」

とダチとたわいもない話してたら、急にダチが黙り込んだ。

見られたんかと思って俺も黙り、足早にそこを去った。

ガッコに着いて、どしたよと聞いたら、

「アイツさ…何煮込んでた?」

「いや、知らんがな。よく見てねえし」

「俺…あれネ○の頭に見えたんだけど」

 

 - 猟奇的な話 , ,