アクセスランキング

【ゾッとする話】謎の巨大な神社

      2018/12/21

7年位前のこと。

オレは仕事で京都に出張していた。

泊まっていたのは、七条の三十三間堂の裏にあるホテル。

ある金曜日、三条あたりで後輩と仕事して、祇園神社のすぐ脇の料理屋で晩飯を食った。

今日中に新幹線で帰るという後輩と別れ、オレは酔い覚ましに七条まで歩いて帰ることにした。

八坂の塔を過ぎ、ひたすら南に向かって歩く。

あまり人の通らない、細い道だった。

そろそろホテルにつくあたりで、ふと気づくと今まで一度も通ったことの無い道にいた。

外灯も少なく、人も車も通らない。

そしてそこには、巨大な神社があった。

大きな鳥居と、広大な境内。

そしてどこにも人がいない。

ホテルに帰る道がどうしてもわからない。




仕方なく、西に向かってまっすぐ歩く。

加茂川に出ればどうにかなるから。

心細さが募る中、どうにかこうにか加茂川に出た。

後はこれを下流に向かって歩いていけばすぐにホテルに帰れる。

翌日は土曜日で、仕事は休み。

昨日のあの神社に行ってみよう。

そう思ってホテルを出た。

しかし何時の間にか四条についてしまった。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,